【産後クライシスを乗り越えて夫婦円満に】東横線・元住吉・武蔵小杉 「パートナー整体教室」 Oteate オテアテ

東横線・元住吉から2分・武蔵小杉 「パートナー整体教室」 Oteate オテアテ のYurieです。

私は仕事柄、毎日たくさんの女性に接しています。

プライベートサロンなので1対1でいろいろお話をさせていただくなかで、ご主人のお話を耳にする機会も多々あります。

o0480034913405880609
「主人が肩こりがひどくてかわいそうなんです。」

「主人には長生きしてもらいたいから健康が心配です。」

といった健康の話。

「主人とは○○で出会って一目ぼれしたんです♡」

「うちの主人は料理が得意でいつも作ってくれるんです♡」

といった幸せなお話。

一方、

「家庭内別居状態なんです・・」

「子どもの話意外に共通点がないんです。」

「セックスレスです。」

「話すと喧嘩になり疲れます。」

といったお悩みも伺います。

たくさんのお客さまのお話によると

「出産」後に夫婦仲がビミョーになった。

という方がすごく多いです。

「産後クライシス」ですね。

私が最近たまたま目にした哀川翔さんの本に良いことが書いてありました。

(哀川翔さんの本は、主人にすすめられて読みましたが、すごく良いです!!5人の子どもを育てながら自分流の人生を生きる極意が素晴らしいです。)

早起きは「3億」の徳

~本文より引用~

「子供中心より親中心の家族でいること。それには『パパ』と『ママ』だけじゃなくてちゃんと夫婦でいることだよ。

ラクして『夫』や『妻』を放棄しちゃダメ。」

「みんな付き合ってるときは普通に男と女のカップルだったのに、

子どもが生まれたら「パパ」と「ママ」って役割だけになっちゃう夫婦って多いよね。

なんでそうなるかっていうと、ラクだからでしょ。

役割は一個のほうがラクだし、夫婦であることをサボって放棄したって

親である役割を放棄しなければ日本では責められない。

でも俺、それじゃダメだと思うよ。

ちゃんと親の役割を果たしつつ、

男女のカップルである部分をなくしちゃいけないよ。

だってそこが成立していないから、子供がいて親がいるみたいな逆転関係になっちゃうんだもん。

もしくは家の外で楽しみを見つけようとしたりしておかしなことになる。

日本ではそうゆう習慣がまかり通っているけど、なんか俺は変だと思う。

そこが崩れると、家族の基盤が崩れるような、

基本のことだと思うんだけどね。」

人生において、家族の幸せにおいて、 いちばん大切なのは夫婦関係!と考えている私にとってはすごく共感できる言葉でした。

でもたしかに産後に夫婦仲がビミョーになる理由は、すごく分かります。

t02200146_0570037913404928074
画像元

なぜならまず、産後は女性の体が疲弊しきっているから。

お産はものすごく体にとって大変なことです。

自分自身もそうでしたが、私のサロンへ産後の骨盤矯正にいらっしゃるお客さまをみていても

産後6ヶ月くらいは常に

「なんだかだるい・・・」
「本調子にもどれない・・」
「夜ねむれない・・・」
「子育てが不安・・・」

とくに第一子出産後の女性は身心ともにストレスが高まっています。

もともとバリバリのキャリアウーマンでいまは育休中というお客さまもたくさん見てきましたが

みなさん一様に
「子育てがこんなに激務だとは思わなかった。」とおっしゃいます。

私もそう思います。

だから産後の女性にとって夫のことを考える余裕はないのです。

女性は社会進出して男性と同じように働くことができるようになりました。

でも出産や授乳は女性にしかできない。

夫は、同じ親ではあっても産みの苦しみは体験できないから女性のほんとの苦労を(分かりたくても)分かりようがない。

夫は夫で、なんだかイライラして疲れてる妻のことがよく分からなくなる。

お互いに不安になり家での居心地が悪くなる。

「なんで分かってくれないの?」

けんかしても疲れるので、がっかり&あきらめが進行していきます。

産後クライシスでなくても日常で、パートナーに対して不満に思うこと、だれしも何かしらあると思います。

そして、「うちの旦那はこうだから。」「もうしょうがない。」と思ってしまいます。

でも、ちょっとまった!!

そこで夫婦のコミュニケーションをあきらめないでほしいのです。

親しいお友だちに相談するとき、
「なんかさいきんうまくいかなくて・・・ほんとはこうなりたいのに・・・なんでだろう。」

って自分の気持ちを素直に本音で話せますよね。

それをそのままパートナーに伝えてみてください。

「ほんとはもっと仲良くしたい。」
とか「○○したい」そうゆう気持ちがあること。

どうしたらいいか分からないこと。でもなんとかしたいこと。
あのときのことがひっかかってて根に持ってしまっていること。

あなたを許せない自分がいること。でもほんとは許したい自分もいること。

もうちょっとこうしてほしい。と思うけど、それを言ったら喧嘩になりそうで言えない、ということ。

自分もいっぱいいっぱいなこと。体が疲れていること。

自分もこうゆうところを直したいと思っていること。でもなかなか直せなくて困ってること。
こうやって話すのはすごく気力が必要で避けていたけどもう逃げないと決めたこと。

話していると責めてしまうけどほんとはありがとうと言いたいこと。
家以外にも悩みがあること。細かくて言うほどではないけど実は不安なこと。

自分のことを、とにかくパートナーに話し続けてみてください。

泣いてもいいです。

そしたら相手も、あなたが思いもしなかったようなことを話してくれるかもしれませんし

何も反応がなくても続けていくうちに心が開かれていくと思います。

結果的にどうしても無理。分かり合えなかった。 離婚。ってゆうケースも当然あります。

でもとにかく大切なのは
自分が変わり、前向きな気持ちを持って「分かり合うために」伝え続けることだと思います。

誰と結婚したかは問題じゃない。

自分が良い方に変われば相手も変わるし、

相手が自分にふさわしくなければ、もっと自分にふさわしい世界に導かれます。

t02200147_0640042713404934373
画像元

本来、あなたの一番の味方は旦那さんであるはずで、

旦那さんのいちばんの味方はあなたです。

あたなとパートナーから生まれた子供は、

両親がお互いに認め合い肯定し合う姿を見ることによって

自分自身の存在や能力を信じられるようになります。

子どもは、親がどちらか一方をけなしたりしているのを見ると、自分が否定されたように感じ自信がなくなります。

なぜなら自分はその親から生まれてきているからです。

夫婦が仲が良いにこしたことはないのです。

「自己肯定感」のある子どもは素直で、人を信じねばり強い人に育つといいます。

「この人とはやっぱり合わない。」

そんな
がっかり&あきらめ

をぐっと乗り越えてみましょう!

まずは話し合うことから。

せっかく結婚したなら、みんな世界一幸せになってほしいから*

 

 

~~~~~~~~~~

ぜひ参考にしてみてくださいね*

「夫婦のためのおうち整体」

東横線・元住吉から2分・武蔵小杉
「パートナー整体教室」 Oteate オテアテ

ふれあう癒しのお手当てコミュニケーションで
いつも健やか幸せなハッピー家族へ。

 

【夫婦喧嘩を、夫婦円満のもとに変えるための5か条 】東横線・元住吉・武蔵小杉 「パートナー整体教室」 Oteate オテアテ

東横線・元住吉から2分・武蔵小杉 「パートナー整体教室」 Oteate オテアテ のYurieです。

とつぜんですか、私たち夫婦は、2~3ヶ月に1回くらい夫婦喧嘩をします。

でも、毎回ケンカをしたあとはそれ以前よりもさらに、お互いを理解し合うことができるようになり
夫婦として仲良く絆が深まっていると感じます。

喧嘩は一般的には良くないもの・できればしたくないもの、と思われがちですが

喧嘩の仕方によっては真のコミュニケーションとなりえます。

違う人間同士が結婚するということは異なった価値観がぶつかりあう瞬間が必ずあると思いますが

それを心の中でとどめ、見て見ぬふりをしたら、もったいないです。

しっかりと向き合って、愛のための喧嘩をするのはおすすめです*

私自身、また喧嘩をしたときにセルフチェックをするためにも5か条としてまとめてみました♡

ひとつのご参考になれば幸いです。

 

 o0480034913405880609

♡「夫婦喧嘩」を、夫婦円満のもとに変えるための5か条♡

その1
「がまん&あきらめ」ていませんか?


日常の夫婦の会話の中で「あれ?いまの、なんかひっかかる・・」

というときがあったら、すぐに相手に伝えます。

それがこれから出社するときでも
寝る前でも、どんなに忙しくても、見逃さないですぐに言った方が良いです。

もし他人だったら、
「あぁこの方はこうゆうタイプの方なんだな。」で終わりですが、

夫婦の場合は、ちょっとしたズレでもほうっておくと、後から大きなゆがみになってしまいます。

一生添い遂げたいという気持ちがあるなら、胸にとどめず
私たちにとって大事なことだから今言わせててもらうけど、さっきの○○については、○○と思ったわ。」

と、ちょっとの勇気を出して伝えれば愛のための夫婦喧嘩がスタートできます。

もしかしたら「なんで今から会社行くときにそうゆうこと言うんだよ。」

など言われることもあるかもしれませんが

「あなたとこれからもずっと素直な気持ちで良い夫婦関係でいたいからこそ」

はっきり伝えているということを強調します。

 

その2
とちゅうで投げ出していませんか?


スタートして話し合っていると、はじめは平行線だったりするかもしれません。

ときに興奮状態になったり言葉がつまったり、泣いてしまっても

冷静さをとりもどし、夫婦の愛のために決してあきらめません。

傷つけるためのケンカではなく、
夫婦の愛を深めるための話し合いです。

これはとても根気と精神力が必要です。

相手の思わぬ言葉に傷ついてしまうこともあるかもしれませんが

理解し合うことをあきらめずに落ち着いて話し続けていると

「なぜ、○○をしてしまったのか?」「なぜ、○○と感じたのか?」について

意外な思い違いや、相手の事情、自分でも気づいていなかったような過去の出来事が、引き金になっていたりすることもあります。

「なぁ~んだ!そう思ってたんだ!!」とか

「うそ!あなたって、実はそうゆう性質があったの??」とか

「えっ、昔のあのこと根に持ってたの?!」とか

「ええ??そうゆう意味で言ったんじゃなかったのに~~!」などなど・・

それから自分たちの性格や、幼い頃からの思い込みなどにまで話が広がったり、

二人で腹を割って話し合うことで自分ではふだん認識していなかったお互いの潜在意識への気づきになり相手と自分への理解が深まります。

 

その3
今後の再発防止策、つくりましたか?

ここまできたら、こんどは
「じゃあこれからはどうする?」


と話し合います。

さっき話し合ったお互いの意識や性格を尊重して、決めることとがポイントです。

もしうまい打開策がみつからなくても折り合わない部分はあっても
「これについては折り合えないけど、あなたの本音は分かったからできるだけ○○するようにするね。」

など愛をもった約束をします。

その4
わだかまりは一切なくなりましたか?

ここまでできると

「あぁスッキリした~*」とか
「勘違いして、ごめんね。」とか

「ほんとの気持ちがわかって良かった♪」

となると思います。

その5
愛の言葉は伝えましたか?

そして最後は、自然と感謝の気持ちが芽生えます。

「聞いてくれてありがとう♡」

「やっぱりあなたと結婚できて良かったなぁ~☆」

など温かい言葉とハグで円満に終了です。

~~~~~~~~~~

身のまわりでは、

「もうあの人は、あーゆう性格だから・・・」

「まあ、べつにケンカするほどでもないから・・」

「旦那とはあまり合わないけど、私には愛する息子がいるからそれでいいの♡」とか

奥さんや旦那さんとの腹を割った話し合いを避けている方をけっこう目にします。

でも、もっと心の根っこどうしでつながったら、今よりも幸せな夫婦になれると思います。

せっかく結婚したならみんな
それぞれ世界一幸せになってほしい。

パートナーと仲良く健康でいることが
子どもたちや、社会の幸せ・繁栄にまでつながるのです。

 

~~~~~~~~~~

ぜひ参考にしてみてくださいね*

「夫婦のためのおうち整体」

東横線・元住吉から2分・武蔵小杉
「パートナー整体教室」 Oteate オテアテ

ふれあう癒しのお手当てコミュニケーションで
いつも健やか幸せなハッピー家族へ。

【夫婦円満になるための5か条】東横線・元住吉・武蔵小杉 「パートナー整体教室」 Oteate オテアテ

東横線・元住吉から2分・武蔵小杉 「パートナー整体教室」 Oteate オテアテ のYurieです。

IMG_5748.PNG
これは私たち夫婦の新婚当初の古い写真です(笑)
主人は顔出しNGなのでスタンプでかくしておきましたが・・

今日は、私が心がけている夫婦の幸せの5か条をご紹介させていただきますねキラキラ

 

 

♡夫婦円満になるための5か条♡

その1
どんなことでも、こまめに誉める

お醤油をとってくれたら「ありがとう!助かる♡」(軽くおじぎ)

洗濯物を畳んでくれたら「すごいね!!上手!」(拍手)

残業して帰ってきたら「遅くまでがんばって偉いね~!ありがとう。」(ハグ)

どんな小さなことでも、すかさず・こまめに誉めると旦那さんも喜びます。

そして人は誉めてもらうとやる気・自信が湧くので、家事も仕事もなんでも、がんばってくれるようになります。

これはやっているうちに習慣となり、プラスを発見してポジティブに考えるという癖も自分につくのでおすすめです。

 

その2
大黒柱として、持ち上げ尊敬する。


重いものを持ってくれたら「さすが大黒柱だね。」

会社での仕事ぶりを聞いたら「仕事がんばっているね!あなたがいるから、心して生活できるよ~」(ハグ)

「こんな頼もしい旦那さんと結婚できてラッキーだなぁ~!」

共働き夫婦だとしても、たとえ奥さんの方が年収が高かったとしても、旦那さんを大黒柱として常に尊敬することをおすすめします。

どんなに男女平等、女性の能力のほうが高いと社会で言われようとも

実際は女性は男性に比べて体が小さく華奢で、

毎月の生理で心身ともに不安定

そして妊娠・出産したら仕事もお休みせざるを得ないし身心には大変な負荷がかかります。

体の面では、実際はぜんぜん男女平等ではないし、 女性は男性に守られるべきなのです。 

男性は頼りにされないとどんどん頼りなくなりますが、パートナーから頼られるとどんどん強くたくましくなります。

 


その3
ユーモアと寛容性をつねに持つ。


いつも真面目に話していると ちょっとした言葉によってけんかになったりしますが

笑いの要素をいつももって会話していると、穏やかで安心です。

 

 

その4
食事・睡眠について健康管理する。

私の主人は
帰りがいつも11時くらいですが、 なるべく12時までには寝るよう声掛けしています。

睡眠は足りていないとイライラしたり思考力が鈍ったり、免疫力が下がって風邪をひいたりします。

あとは食事は「まごわやさしい」という健康食事法にのっとって和食メインでつくっています。

すべてのことは健康な体が土台になっているので。

 

その5
なんでも話し、よく触れる。

私はとにかくなんでも主人に打ち明けます。

きのうのサロンでの出来事、ちょっと困っていること、思い描いている夢、むかついたこと・うれしかったこと

すると旦那さんもなんでも話してくれます。

パートナーの状況を知ることは家族を運営するためにとても大切です。

ぼーっとしているなぁと思うときは「ぼーっとしてるけど大丈夫?」と聞いてみると

だいたい仕事での判断・選択に迷いがあるときだったりします。

それを確認することをしなければ“ぼんやりしていて使えない旦那”で終わりですが

ちゃんと話を聞いてみると、 だったらきょうは美味しいご飯をつくって元気を出させてあげようなどポジティブな方向へ対処できますし、夫婦の信頼も深まります。

あと言葉のコミュニケーションはもちろん触れることも大事です。

私たちはしょっちゅうハグをしたりハイタッチしたりはしていますが

セラピストなので家でもときどきプチ施術をしてあげたりします。
先日も、肩が痛いというので施術をしてあげたら

「えっ・・・、こんなに肩こりだったんだ・・・」と、恐ろしくなるほど凝っていて驚きました。

(ちょっとこれは自分でも反省しました。もっとこまめに施術してあげなければと。)

こんなふうに、触れることで分かることもあります。

 

~~~~~~~~~~

ぜひ参考にしてみてくださいね*

東横線・元住吉から2分・武蔵小杉
「パートナー整体教室」 Oteate オテアテ